おはぎで有名なスーパー「主婦の店 さいち」が監修したおはぎバー(宮城県仙台市)

    (C)シュープレス

    宮城県の温泉地・秋保(あきう)の名物として有名なのが、丸めたもち米をたっぷりのつぶあんで包んだ「さいちのおはぎ」。このおはぎが、おみやげにぴったりなお手軽スイーツになりました。今回は、和菓子から洋菓子への華麗なる変化を遂げた、「おはぎバー」をご紹介します。

    名物おはぎの味を気軽にお持ち帰りできるおはぎバー

    (C)シュープレス

    仙台の奥座敷である秋保温泉の名物といえば、飛ぶように売れるほど人気がある「主婦の店 さいち」のおはぎ。ごまやきなこなどの味がそろうなか、不動の人気を誇るのがあんこです。宮城県産のもち米・みやこがねのほどよい甘みと、小豆の風味豊かなつぶあんがベストマッチ。ずっしりと食べごたえ十分なのに、2個で216円という価格も魅力です。

    「おはぎバー」は、そんなおはぎの味を遠方へ持ち帰ることを可能にした一品。それではさっそく味わってみましょう!

    「おはぎバー」の実力やいかに!?

    (C)シュープレス

    袋を開けると、おはぎとは似ても似つかないクッキーがお目見えし、芳醇なバターの香りがふわり。おや?おはぎはいずこへ…そんなことを思いながら厚めの生地をサクリとかじると、中にはあんこクリームが入っています。バターの風味が引き立つ、ほんのりとあんこを感じるクリームは、コーヒーや紅茶に合いそうな味わいでした。生菓子のおはぎは賞味期限が当日中ですが、焼菓子のおはぎバーなら日持ちがするので、旅のおみやげにできますね。

    おはぎバーは、「主婦の店 さいち」のほか、仙台駅構内にある複数のみやげ処でも購入できます。秋保で買い忘れてもご心配なく!

    あんこがほのかに香る「おはぎバー」。お家でのティータイムにゆっくりと味わいながら、宮城旅行の思い出を振り返ってみませんか。

    東北のおみやげをお探しの方は、東北帰省みやげセレクションの記事も要チェック。

    2019年9月時点での情報です。

    主婦の店 さいち
    所在地:宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師27

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー