【俺の極旨手帖】甘辛味のイメージを覆す、「なかじま」の煮込みソースカツ丼(会津若松市)

    文春文庫ビジュアル版で1990年に出版された、『ベストオブ丼』という本がある。いやもう、これぞ丼本の王道ともいうべき、B級グルメファンにはたまらない一冊だ。

    この本の表紙を飾っていたのは、当然のなりゆきではあるが、カツ丼である。なんでもこの年は、カツ丼生誕77年という記念の年であったようだ。ということは、それから23年が経過する2013年はカツ丼生誕100年の記念の年に当たる。さすが丼界の巨星だ。

    俺もかつては、週に2度はカツ丼を食べていた無類のカツ丼好きである。(今は週1くらいにペースダウン)。俺の好きな食べ物ランキングにおいても、幼少期からカツ丼がベスト3をこぼれたことはない。ちなみに東京で育った俺のカツ丼ライフは、カツと玉ネギを甘じょっぱい丼つゆで煮て卵でとじたもの一辺倒。 その常識が覆されたのが、会津若松で出会った「ソースカツ丼」である。

    会津の空にカツ丼ラプソディが響くのであった

    ご飯の上にキャベツがのり、その上に大きなカツがドーンと鎮座した会津のソースカツ丼。これを初めて食べた時は、強い衝撃を受けたものだ。以来、会津のソースカツ丼巡りを楽しむうちに出会ったのが、カツ丼のさらなる新境地「なかじま」の煮込みソースカツ丼だった。

    洋食屋だった先代の社長が、手軽に食べられる「洋食風丼」をと研究に研究を重ね、独自のソースだれを完成させた逸品である。店に登場したのは昭和25年頃というから、60年以上も愛され続けてきた看板メニューだ。

    この煮込みソースカツ丼のすごいところは、ご飯とキャベツの上にカツがのったスタンダードなソースカツ丼ではなく、見た目は普通の卵とじ系カツ丼であることだ。どういうこと?と、軽い混乱を覚えつつ、がっとひと箸口に運べば、なるほどふわとろの卵が包み込む丼の味のベースは醤油ではなくソース……。これがカツにもご飯にも実によく合うのだ。

    やわらかな肉質のカツは、福島県鮫川村で飼育されている「健育美味豚」。ほどよい旨味があって食べやすい。カツ丼、というとかなりヘビーなイメージであるが「なかじま」のカツ丼は、ソースの香ばしさ、豚のさっぱりとした味が相まって、比較的ライトな仕上がりと言える……まあ、ライトと言ってもカツ丼ではあるので、それなりにボリュームはあるのだが。

    カツ丼は丼つゆで食べないと……そんなこだわりを持つ貴兄にも、ぜひ食べてもらいたい会津若松の煮込みソースカツ丼。丼のフタをあけた瞬間、鼻腔を刺激するオリジナルソースにノックアウトされること必至である。

    ※2012年6月時点での情報です。

    なかじま
    所在地:福島県会津若松市上町2-39
    電話:0242-24-5151
    営業時間:11:00~14:30、17:00~20:00
    定休⽇:火曜

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー