【俺の極旨手帳】「わのしょく二階」旬を迎えたせり鍋を楽しむ(宮城県仙台市)

    (C)シュープレス

    宮城県は全国屈指の“せり”の産地。そのせりをいちばんおいしく食べられる料理が「せり鍋」といわれ、仙台では今や冬の風物詩として定着している。せりの茎・葉・根を、地鶏や鴨だしのスープにさっとくぐらせ、シャキシャキの食感を楽しむのが本場の味わい方。この冬、ぜひ仙台でせりのおいしさを堪能しよう。

    鮮度抜群のせりを毎日仕入れて提供

    (C) シュープレス

    仙台のお隣・名取市のせり農家から毎日仕入れるせりは、その日の午前中に摘んだもの。仕込みはいたってシンプルだ。まずは冷たい水でジャブジャブと洗い、さらに1本1本ていねいに歯ブラシで泥をこそぎ落とす。根も食べるのがせり鍋の醍醐味だが、まさか客に泥が付いた根を食べさせるわけにはいかない。冬、「わのしょく二階」の店主・中森さんの開店前の日課は、その日使う分の大量のせりの泥を落とすことだ。

    無農薬のせりが放つ至福の香りと食感

    (C) シュープレス

    きれいに洗ったせりに合わせるのは、蔵王産の鴨の旨みがあふれる黄金色のスープ。鮮烈な香りのせりと、濃厚な鴨スープの滋味が鍋いっぱいに広がる。ちなみに、せりは県内一の品質と人気を誇る、名取市の三浦隆弘さんが生産する無農薬のせり。葉は3秒、茎は10秒ほどスープをくぐらせ、香りと食感と旨みの妙を味わいたい。

    冬の仙台名物となった感がある「せり鍋」は、例年10月から4月あたりまで味わえる。寒くなればなるほどおいしくなるといわれる宮城のせりは、これからが最盛期だ。

    この記事を気に入った方には、仙台名物を味わう「牛タン焼専門店 司 虎横店」の記事もおすすめです。

    2019年11月時点での情報です。

    わのしょく二階
    所在地:宮城県仙台市青葉区一番町2-5-15 一番町ビル2階
    電話:022-224-6040
    営業時間:17:00~23:00(LO)
    定休⽇:不定休

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー