仙台|「カリフォルニア食堂」牛たん専門店が手がける、LAグルメが楽しめるカフェレストラン

    (C)カリフォルニア食堂

    仙台とロサンゼルスで牛たん店を営む「牛タン焼専門店 司」がプロデュースするカフェレストラン「カリフォルニア食堂」。ラインナップするのは、オーナーがロサンゼルスで出会った、おいしい&ユニークなグルメをアレンジしたメニューです。もちろん、牛たん専門店ならではの牛たんを使った料理も楽しめますよ。

    仙台で話題のカフェレストラン

    (C)カリフォルニア食堂

    「カリフォルニア食堂」は、仙台の観光スポット「仙台うみの杜水族館」から歩いて約7分。スマイルマークが描かれた大きな黄色い看板が目印です。

    2019年のオープン以来、仙台ではなかなか味わえないロサンゼルスグルメと牛たんのアレンジメニューが楽しめるとあって話題を集めています。

    (C)カリフォルニア食堂

    デッキを上がり店内に入ると、まるでアメリカのカフェのような雰囲気。壁には、歴代のアメリカ大統領が使ったゴルフクラブやマイケル・ジャクソンの直筆イラスト、オーナーがロサンゼルスで買い付けた雑貨などが飾られています。

    豊富な牛たんアレンジメニューに舌つづみ

    (C)カリフォルニア食堂

    店内の雰囲気を満喫したあとは、自慢のランチメニューをいただきましょう。

    しっかりお腹を満たしたい気分なら「ビーフタンシチューコッペ」がおすすめ。デミグラスソースで煮込んだ牛たんのシチューに、ふわふわのコッペパンをひたして味わいます。牛たんは、口の中に入れるとホロッと崩れるほどやわらかくてジューシー。コッペパンは、仙台の人気ベーカリー「etoffe(エトフェ)」とコラボしたオリジナルで、濃厚なデミグラスソースと相性抜群です。

    新感覚にびっくりなLAスイーツ

    (C)カリフォルニア食堂

    デザートには、ロサンゼルスで人気の「フローズンチョコバナナ」と「シーソルトアイスコーヒー」がおすすめです。

    「フローズンチョコバナナ」は、ロサンゼルスでは定番の食べ歩きスイーツ。棒に刺して凍らせたバナナにチョコレートをかけ、ナッツやシリアルをトッピングします。ひと口ほおばると、バナナがアイスクリームのようにひんやりとして、なめらかな食感。たっぷりのチョコレートでコーティングされていますが、パリパリに凍っているためすっきりとした甘さに感じます。

    (C)カリフォルニア食堂

    東北初登場で注目されているのが、コーヒーに生クリームと塩が入った「シーソルトアイスコーヒー」。コーヒーの苦味と生クリームのコクを感じたあとに、キリッとした塩気の後味が楽しめる新感覚ドリンクです。フタで密閉して提供されるので、飲む前にシェイクして味をミックスするのをお忘れなく!

    「カリフォルニア食堂」では、ほぼすべてのメニューがテイクアウトできるのがうれしいポイント。自宅でハリウッド映画を観ながら「カリフォルニア食堂」のメニューを味わう、アメリカンな休日もおすすめですよ。

    この記事を気に入った方には、牛たんを使ったラーメンが味わえる「仙臺 くろく 定禅寺」の記事もおすすめです。

    2020年3月時点での情報です。

    カリフォルニア食堂
    所在地:宮城県仙台市宮城野区中野1-3-7
    電話:022-290-6737
    営業時間:10:30~19:00
    定休⽇:水曜
    HP:こちらをクリック

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー