岩手・宮城・福島 |「LIGHT UP NIPPON」花火に込めた、鎮魂と復興の祈り

    (C)LIGHT UP NIPPON

    毎年8月11日、全国各地で一斉に花火を打ち上げるイベント「LIGHT UP NIPPON(ライトアップニッポン)」をご存じですか?東日本大震災が発生した“11日”という日を忘れないよう、2011年から毎年同じ日に行なわれています。

    2020年の打ち上げは、岩手県、宮城県、福島県の3県13ヶ所。今回は、「LIGHT UP NIPPON」のコンセプトや開催概要をご紹介します。

    東北を明るく照らす「LIGHT UP NIPPON」

    (C)LIGHT UP NIPPON

    8月11日に、全国各地で一斉に花火を打ち上げる「LIGHT UP NIPPON」。「東北を、日本を、花火で、元気に」をテーマに、復興と鎮魂の祈りを込めて毎年開催されています。

    はじまりは、東日本大震災から5ヶ月後の2011年8月11日に、被災した太平洋沿岸の3県10ヶ所で花火を打ち上げたことから。その後、開催規模は年々拡大され、2019年には16都道府県24ヶ所で開催されました。

    2020年は疫病退散の願いを込めて

    (C)LIGHT UP NIPPON

    2020年のコンセプトは、「同じ日の同じ時刻に空を見上げる機会を絶やしてしまわないこと。」。現在、感染拡大が続く新型コロナウィルスの影響により、全国各地の花火大会が中止を余儀なくされています。しかし、花火大会の起源は、江戸時代に慰霊と疫病退散を祈願し、花火を打ち上げたことだといわれています。「LIGHT UP NIPPON」の実行委員会では、復興と鎮魂の祈りに加え、疫病退散の意味を込めて、今年も花火を打ち上げることに決めました。

    2020年は花火の観覧会場が設置されません。無観客で、岩手県、宮城県、福島県の3県13ヶ所で同時に花火を打ち上げます。8月11日はご自宅のベランダや庭先に出て、同じ日、同じ時刻に花火を見上げる人々と同じ祈りを共有してみませんか。

    【開催概要】
    開催日時 2020年8月11日(火)19:30~
    打ち上げ予定地
    ・岩手県(野田村、宮古市田老、山田町、大槌町、大船渡市越喜来)
    ・宮城県(気仙沼市、石巻市雄勝、多賀城市、名取市、亘理町)
    ・福島県(南相馬市萱浜、会津地区、いわき市久之浜)
    開催方法 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、観覧会場を設営せず無観客にて開催
    主催 一般社団法人 LIGHT UP NIPPON
    後援 日本経済団体連合会

    2020年7月21日時点での情報です

    一般社団法人 LIGHT UP NIPPON
    電話:090-7173-7492
    HP:こちらをクリック

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー