祈りを込めて泳ぐ青い鯉のぼり

    東松島市の大曲地区に掲げられた青い鯉のぼり(2012.4.29)

    「震災で犠牲になった子ども達が天国でも寂しくないように…」

    震災で甚大な被害を受けた宮城県東松島市大曲地区の空に、今年も全国から集められたたくさんの青い鯉のぼりが掲げられた。

    青い鯉のぼりに託す鎮魂の祈り

    震災で甚大な被害を受けた宮城県東松島市大曲地区の空に、今年も全国から集められたたくさんの青い鯉のぼりが掲げられた。

    津波で幼い弟を亡くした兄が、がれきの中から弟が好きだった青い鯉のぼりを見つけ、掲揚したことからはじまった「青い鯉のぼりプロジェクト」。今年は仮設住宅に暮らす地域住民も協力し、3月11日に掲げられた。

    大曲地区を訪れたのは時折雨がちらつく4月27日。一帯には、未だ倒壊した住宅やがれきが残っている。海から風で運ばれる潮の香り。強風でロープにからまった鯉のぼりを一枚一枚直す、男性の背中が見える。大曲地区に住んでいたという津田さんだ。「地域のために若い方が何かやろうとしている。なんでも手伝いたい」と話す。

    鎮魂の祈り、地域の絆…青い鯉のぼりは、人々の様々な想いをのせて力強く泳いでいた。

    2012.5.2

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー