東北帰省みやげセレクション

    長期のお盆休暇。実家でのんびり過ごすのを楽しみにしている方も多いのでは?
    さて、帰省の度に毎回悩ましいのが、お土産選びではないでしょうか。家族や友人、お世話になっている方への贈り物、何にしようかとお悩みの皆様へ、コレははずせない!という帰省土産の定番をご紹介します。

    <青森>生誕100周年を迎えた太宰治の小説『津軽』がそのままスイーツに

    青森県:ラグノオ
    林檎ファイバー入りクッキー津輕 18枚入り1030円~

    青森県:ラグノオ
    林檎ファイバー入りクッキー津輕
    18枚入り1030円~

    昭和19年に小山書店から出版された『津軽』初版本をイメージしたパッケージが太宰ファンの心をくすぐります。表紙を開けると、中にはかわいらしいクッキーが。
    リンゴジュースの製造過程で残る食物繊維たっぷりの林檎ファイバーに、県産小麦と鶏卵を加えて焼き上げたクッキーはリンゴの香りが優しく、繊細な歯ざわりはまるで津軽の粉雪のよう。

    TEL:0172-35-0353
    HP:http://www.rag-s.com/
    主な販売店:直営店、青森県観光物産館アスパムなど

    <岩手>コロンとした玉子の形がかわいらしい岩手銘菓

    岩手県:さいとう製菓
    かもめの玉子 4個入り453円~

    過去にモンドセレクション国際栄誉賞をはじめ、数々の賞に輝く岩手が誇る銘菓。厳選した素材や品質にこだわり、しっとりほくほくの黄味餡を、カステラ生地とホワイトチョコで包みあげた風味豊かなお菓子です。
    発売60周年を機に、パッケージデザインを一新。ふるさとへの想いを込め、恵みの海をイメージしました。夏は冷やして食べるのもおすすめ。食べやすいミニサイズもあります。

    TEL:0120-31-1005
    HP:https://www.saitoseika.co.jp/
    主な販売店:直営店、岩手県内のみやげ店など

    <秋田>一子相伝、伝統の技がつくり出す極上の稲庭うどん

    秋田県:佐藤養助商店
    稲庭干饂飩 紙化粧箱入り(80g×3)1080円~

    万延元(1860)年創業。味の決め手は、選び抜かれた数種類の小麦粉と、栗駒の伏流水。これらを手の平で練り上げ、一日熟成させた後も何度も練り続けることで、機械練りでは不可能なコシが生まれます。
    一子相伝、門外不出で受け継がれた技が、絹のようなツルリとした喉ごしと適度な歯ざわりを持つ極上の稲庭うどんを作り上げます。

    TEL:0183-43-2226
    HP:http://www.sato-yoske.co.jp/home.html
    主な販売店:直営店、秋田ふるさと村、秋田県内のみやげ店

    <宮城>高級魚キチジをふんだんに使った、上品な笹かまぼこ

    宮城県:白謙かまぼこ店
    極上笹 10枚入り1966円~

    宮城名物・笹かまぼこの店の中でも、高級魚キチジを使った笹かまぼこで人気の名店。石巻の立地を生かして近海で水揚げされるキチジを厳選し、天日塩の絶妙な塩加減を施した「極上笹かまぼこ」がおすすめ。
    袋を開けた時に漂う上品な磯の香りは格別で、ぷっくりと肉厚な身は食べ応え抜群。魚本来のほんのりとした甘さを味わえます。

    TEL:0225-22-1842
    HP:http://www.shiraken.co.jp/shop/corp/default.aspx
    主な販売店:三越仙台店をはじめ仙台市内の百貨店など

    <山形>上質素材とていねいな手仕事が生んだサクサクのラスク

    山形県:麦工房シベール
    ラスク プレーン M缶(2枚組×28袋)2376円~

    1本ずつ手作業で焼き上げたフランスパンをスライス。東北地方の生乳を原料にしたフレッシュな特製生バターと厳選したグラニュー糖が、ほどよい甘さを醸し出します。
    ザクザクと軽やかな食感は、大人から子どもまで笑顔になる飽きの来ないおいしさ。他にもガーリック、メープル&クルミ、ブルーベリーなどバラエティ豊かなフレーバーがそろいます。

    TEL:0120-39-7702 HP:http://www.ruskfrance.net/shop/
    主な販売店:山形県・宮城県の直営店など

    <福島>ミルクたっぷり、やさしい味は世代を問わず人気

    福島県:三万石
    ままどおる 5個入り432円~

    バターをふんだんに使った生地で、ミルク味の餡を優しく包み込んだ焼き菓子は、昭和42年の発売以来、幅広い世代に愛され続けるロングセラー商品です。
    「ままどおる」の名前はスペイン語で「お乳を飲む人々」に由来します。外側のしっとりとした生地と、まろやかな味わいの白餡が絶妙な組み合わせで、コーヒー、紅茶、日本茶とも相性ぴったり。

    TEL:0120-81-3059
    HP:http://www.sanmangoku.co.jp/
    主な販売店:直営店、主なサービスエリアなど

    ※2012年8月時点での情報です。

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー