マルキチ阿部商店の「ほやたまご」(宮城県女川町)

    (C)シュープレス

    三陸名産の“ホヤ”は、東北地方ではポピュラーな海の珍味です。酢の物や蒸したものが一般的ですが、宮城県女川(おながわ)町には、ホヤでゆで卵を包んだ郷土料理「ほやたまご」なるものがあるのだそう。
    今回は、そんな女川の郷土料理を家で手軽に食べられる、マルキチ阿部商店の「ほやたまご」をご紹介します。

    そもそも“ホヤ”とは?

    写真提供:宮城県観光課

    青森県から宮城県にかけての三陸海岸周辺で多く漁獲されるホヤ。全国的にはあまりなじみがない海産物ですが、東北ではポピュラーな珍味です。楕円形で赤く、デコボコとした見た目から「海のパイナップル」と呼ばれています。酢で和えたり殻付きで蒸したりする食べ方が一般的。磯の香りを楽しめる刺身で味わうのもおすすめです。

    大胆なホヤ料理を晩酌のお供に

    (C)シュープレス

    東北で一般的なホヤの食べ方をご紹介しましたが、一大産地である宮城県女川町ではまた違った食べ方があります。ゆで卵をまるごとホヤの身で包んだダイナミックな郷土料理「ほやたまご」です。見たままのネーミング…と侮ることなかれ。煮付けているので、ホヤにも卵にも、家庭ごとに異なる味付けのだしがよく染みています。噛むほどにホヤの深い磯の香りとだしの旨みが口の中にじわ~っと広がり、日本酒をキュッとあおりたくなります。

    「ほやたまご」を手軽に味わえるみやげ

    (C)シュープレス

    この女川町の郷土料理を手軽に味わえるのが、マルキチ阿部商店の「ほやたまご」です。卵の黄身がもつマイルドさと、ホヤの塩味がベストバランス。火を通すことでホヤの甘みが増し、ホヤを食べ慣れていない方にもおすすめです。酒の肴にしたりご飯のお供にしたりと、自由に味わいましょう。

    女川駅前の「ハマテラス」にある直営店や、仙台駅直結の駅ビル・S-PAL地下1階の「みやぎ水産の日アンテナショップ」ほか、マルキチ阿部商店のホームページからも購入できます。

    ホヤの簡単な説明とあわせてご紹介した、女川町の郷土料理「ほやたまご」。ホヤ好きの方はもちろん、ホヤを食べたことがない方も、宮城県を訪れた際にぜひ一度味わってみてください。

    こちらの記事を気に入った方は、きらら女川の「さんまパン」の記事もおすすめです。

    2019年12月時点での情報です。

    マルキチ阿部商店
    所在地:女川町女川浜字大原1-34-4(マルキチ女川浜めし屋 直営女川ハマテラス店)
    電話:0225-98-9989
    営業時間:9:00~16:00(変動あり)
    定休⽇:無休(飲食店は水曜休)
    HP:こちらをクリック

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー