【俺の極旨手帖】透き通るような極薄の皮と特製中細面がスープの中で泳ぐ「満月」のワンタンメン(酒田市)

    食材王国とも称される庄内地方の中核都市・酒田。ラーメン店の自家製麺比率が高く、魚介だしの効いたスープがバランスよく調和した酒田ラーメン。
    そんな酒田でワンタンメンの名店といえば「満月」である。2010年に50周年を迎え、いまや全国からラーメンファンが訪れる人気ラーメン店だ。

    山形を代表する極上のワンタン

    客のほとんどが注文するという「ワンタンメン」は、数種類の煮干しと鶏ガラをベースにしたあっさり醤油味。丼にはチャーシュー、メンマ、ネギ、そして極薄のワンタンがたっぷりとのっている。

    時間が経つにつれ極薄のワンタンにスープが染みこみ、味わいがより深くなる。ワンタンの薄さもさることながら、スープやワンタンとの相性を第一に考えて作る中細ストレート麺も特筆もの。

    4種類の小麦粉を別々にかんすいや塩とブレンドし、4層に貼り合わせるという独特の製麺スタイル。プリプリとした歯ごたえとコシの強さが、ワンタンに負けない存在感を醸し出しているのだ。

    新聞が透けて見えるほど薄いワンタン……と店主から聞いたので、実際にやってみると、見事に透けて見える!
    この特製ワンタンは、1kgの生地を800mの長さまで伸ばす圧延作業で生み出される。絶妙な力加減で伸されたワンタンは、極薄ながらも箸で持ち上げても切れないほどのコシが自慢だ。

    具はチャーシューの細切れをミックスした豚肉をスパイスで味つけ。スープに豚の旨みが溶け出し、コクをプラスしている。匠の域に達したワンタン製造技術があるからこそ完成した、極上のワンタンメンだ。

    ※2012年6月時点での情報です。

    満月
    所在地:山形県酒田市東中の口町2-1
    電話:0234-22-0166
    営業時間:11:00~16:30
    定休⽇:不定休
    HP:こちらをクリック

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー