【俺の極旨手帳】「仙臺 くろく 定禅寺」定禅寺通に移転し登場する新作を味わう(宮城県仙台市)

    (C)シュープレス

    仙台駅東口近くに本店のある「仙臺 くろく」が、定禅寺通に新店「仙臺 くろく 定禅寺」をオープン。本店で極めた醤油、分店「密くろ」(壱弐参横丁にあったが、定禅寺店のオープンに伴い閉店)でブラッシュアップされた自家製麺、そこに、くろくとしては初の「かき」をスープに加えた!

    コクのある醤油スープとと薄切り牛たんが相性抜群

    (C)シュープレス

    鶏ガラを主体に上質な魚介をプラスするのが、くろくのスープの王道だ。さらに旨みを重層的にする役割を担うのが、生でも味わえる鮮度抜群の宮城のかき。魚介がほのかに香るスープに、コクと深みを加えている。

    この極上スープをベースに、新店では仙台名物・牛たんをアレンジした「元祖タンそば」が登場した。薄切りでふんわりやわらかな食感の牛たんは、オリジナルの特製だれが効き、すき焼きのような風味。これが醤油スープと絶妙な相性をみせる。

    極太中華や油そばなど個性派ラーメンも楽しめる

    (C)シュープレス

    「元祖タンそば」はもちろんのこと、定番の「醤油らぁ麺」「塩らぁ麺」もぜひ味わいたい。ほかに、ゴワゴワとした噛みごたえのよい極太麺を使った「極太中華そば」や「東京油そば」と、個性的なメニューが楽しめるのもくろくならではだ。

    スープ、自家製麺、いずれも妥協なく作られ、新店ではトッピングメニューにイベリコ豚の生ハムも加わった。くろくの集大成的な店舗である「仙臺 くろく 定禅寺」。今後がさらに楽しみなラーメン店である。

    この記事を読んでくれた方には、「だし廊 -NIBO-」の煮干しラーメンの記事もおすすめです!




    2019年10月時点での情報です。

    仙臺 くろく 定禅寺
    所在地:宮城県仙台市青葉区国分町3-3-3
    電話:非公開
    営業時間:11:30~14:00、17:30~21:30(各LO)
    定休⽇:月曜
    HP:こちらをクリック

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー