春爛漫の南東北へ、雅やかな桜を愛でに出かけよう

    桜前線北上中。冬のきびしいみちのくにも百花繚乱の美しい季節が巡ってきました。山全体が色とりどりの花に覆われる花見山、白石川の堤を染め、鶴岡や二本松の城を彩る満開の桜。
    南東北の絢爛な花の饗宴を眺めに春色の旅に出かけてみてはいかが?

    花見山(福島県福島市)

    例年の見頃:4月上旬~下旬

    春の訪れとともに山全体が、色とりどりの花に覆われる花見山。花木農家を営む阿部さん一家が、昭和初期より開墾し花を植えて育んできた、思いのこもった桃源郷です。

    3月下旬のウメに始まり数種類の桜、ボケ、レンギョウ、ハナモモなど数十種類の花が咲きそろう光景は息を飲むばかり。散策路を歩いて頂上に登ると、桜色に染まる山の眼下に福島の市街地が一望できます。

    アクセス:東北自動車道 福島西ICから約8km
    HP:http://www.f-kankou.jp

    霞ヶ城公園(福島県二本松市)

    例年の見頃:4月上旬~下旬

    霞ヶ城とも呼ばれる二本松城の城址公園は、ソメイヨシノなど約5000本の桜が咲く花の名所。満開時は小高い公園全体にピンクの霞がかかったよう。

    本丸跡の石垣や堂々たる箕輪門を歩けば歴史ロマン満点です。園内には智恵子抄の詩碑や日影の井戸など見どころもいっぱい。本丸跡や観音丘陵遊歩道からは安達太良山が眺められます。

    アクセス:東北自動車道 二本松ICから約2km
    HP:http://www.nihonmatsu-kanko.jp/

    白石川堤一目千本桜(宮城県大河原町)

    例年の見頃:4月中旬~下旬

    大河原町から柴田町に至る白石川堤約8kmにわたる桜並木が一目千本桜です。延々と続く1200本もの桜のトンネルには、樹齢80年を越える堂々たる幹も多く、そのスケール感は見る者を圧倒します。
    春の風を感じながら花びらが舞う桜の下を歩き、白石川の清流に映る満開の桜と残雪の蔵王連峰を望む風景を堪能しましょう。

    アクセス:東北自動車道 白石ICから約11km
    HP:http://www.town.ogawara.miyagi.jp/

    鶴岡公園(山形県鶴岡市)

    例年の見頃:4月中旬~下旬

    藩政時代の面影を残す城下町鶴岡。その城址にある鶴岡公園には、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラなど730本の桜があり、開花とともに出店が並び、多くの人でにぎわいます。お濠端をピンクに彩る桜並木が見事で、幻想的な夜桜も見逃せません。

    4月中旬に行われるお花見茶会では、できたての和菓子が味わえるだけでなく、和菓子作りの体験も楽しめます。

    アクセス:山形自動車道 鶴岡ICから約3km
    HP:http://www.tsuruokakanko.com

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー