【SHOE PRESs interview Vol.1】一杯のコーヒーで東北を元気にしたい ~「FLAT WHITE COFFEE FACTORY」代表・中澤美貴さん~(後編)

    仙台のカフェシーンを牽引する人気店、「FLAT WHITE COFFEE FACTORY(フラットホワイトコーヒーファクトリー)」。共同代表兼バリスタとしてホールに立つ、通称“ミッキー”こと、中澤美貴(なかざわよしたか)さんのインタビュー・後編をお届けします。

    ~前編はこちらから~
    http://www.shoepress.com/topics/04_0009.html

    中澤さんの新しい挑戦

    この4年間で「FLAT WHITE COFFEE FACTORY」は、「ダウンタウン店」と「三春店」が増え3店舗になりました。それぞれ違った個性のある店をオープンさせてきた中澤さん。これからは、カフェとしてだけではなく、“コーヒーロースター”として、もっと幅広く展開していきたいそう。

    「お客さんの好みに合わせ、コーヒー豆の焙煎方式を指定できる“カスタム・ロースティング・ワークス”をやっていきたい。今、コーヒーへの興味や知識が皆さんすごくある。自分が飲みたい味を想像し、すべてカスタマイズできるやり方です」

    今、その夢を達成するため、準備に奔走しています。

    仙台のロースターたちを中心に活動している「コーヒーフェローズ」にも参加。月に1回、同じ豆を各カフェが焙煎し、コーヒーを飲み比べする“利きコーヒー”のイベントなどを開催しています。

    また、東北楽天ゴールデンイーグルスのホームグラウンド「Koboパーク宮城」に、「コーヒーフェローズ」のメンバーが交代で運営するカフェスタンドを出店しています。“ピッチャーが毎日変わるようにコーヒー屋も変わる”というコンセプトで、リピーターも毎回楽しめるカフェです。

    東北のコーヒーシーンを盛り上げるため、ワクワクする情報やイベントを発信していくこれからの「コーヒーフェローズ」の活動からも目が離せません。

    仙台のおすすめグルメ店

    仙台に来て4年目の中澤さんに、友人が遊びに来たときに連れていくグルメ店を聞いてみました。 日々忙しくしているためあまり休みがなく、仙台の街やグルメをゆっくり満喫する時間を取れないそう。そんななかでもおすすめは、牛たんの「味太助 分店」。

    「お店の雰囲気、渋いですよね。昭和にタイムスリップした感じで。なんか懐かしいんですよ。味はもちろん、あそこにしかない空気感が好きです」

    これからゆっくり時間が取れるようになったら、仙台の観光スポットにもいろいろ訪れてみたいそうです。

    さまざまなお話を伺うなかで、コーヒーの話になるとキラッと瞳が輝き笑顔になる中澤さん。

    「僕らの役目は、消費者と生産者をつなぐこと。豆を作っている方々に失礼のないよう“味と思い”をちゃんと伝えたい。一杯一杯に魂を入れる感覚です」

    “コーヒーで東北を元気にしたい”という想いを胸に、そのバイタリティあふれる人柄と行動力で、これからの東北のコーヒーカルチャーを引っ張っていくことでしょう。

    中澤美貴(なかざわよしたか)さん
    1967年山梨県甲府市生まれ。1989年に三和銀行(現:三菱東京UFJ銀行)に入行。1996年に退社後、独立し1997年「タリーズコーヒー」の日本進出に携わる。その後、退社しニュージーランドに渡る。2010年に福島県福島市の「Cafe&Bakery KeriKeri(カフェアンドベーカリーケリケリ)」をプロデュース、2013年仙台市泉区に「FLAT WHITE COFFEE FACTORY(フラットホワイトコーヒーファクトリー)」、2015年仙台市青葉区に「ダウンタウン店」、2016年福島県三春町に「三春店」をオープンし、現在に至る。

    2017年7月時点での情報です。

    FLAT WHITE COFFEE FACTORY(フラットホワイトコーヒーファクトリー)
    所在地:宮城県仙台市泉区高森6-8-8
    電話:022-341-3452
    営業時間:10:00~19:00(土・日曜、祝日は9:00~)
    定休⽇:不定休(月2回)
    HP:こちらをクリック

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー