「2019SENDAI光のページェント」今年はレストランバスも運行!(宮城県仙台市)

    (C)シュープレス

    仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が、今年も始まりました。シュープレスマガジン編集部がおすすめする見学場所は、「せんだいメディアテーク」付近。ガラスの壁面にページェントが映り込み、まるで無数の星が舞い降りたかのようなまばゆい光に包まれます。

    「スターライト・ウインク」をお見逃しなく!

    (C)シュープレス

    数十万ものLEDをまとった定禅寺通のケヤキ並木は、どこまでも続く光のトンネルのよう。あたたかな光に包まれ、幻想的な夜を楽しめます。そんな光のトンネルが一瞬消えて再点灯する「スターライト・ウインク」もお見逃しなく。1日3回、18:00、19:00、20:00に行なわれますよ(23日を除く)。

    1日限定!「レストランバス塩釜・SENDAI光のページェントpresented by テロワージュ宮城」が運行

    オープントップバスの2階で宮城の食事と酒を楽しめます

    12月13日(金)夜には、1階がキッチン、2階がテーブル席になったレストランバスに乗って、宮城県塩竈市の浦霞でおなじみの酒蔵「佐浦」とSENDAI光のページェントをめぐるツアーが運行。景色とともに、塩竈の海の幸をはじめ旬の食材を使ったディナーと、宮城の日本酒・ワインとのペアリングを楽しめます。光のページェントの下を走る際は、ガラス越しにきらめく光を眺められますよ。

    SENDAI光のページェントを眺め、宮城の酒、食、そして文化を感じられる1日限りの特別なツアーです。

    ※詳しい情報や予約方法はこちらをご覧ください。「東北・美酒と食のテロワージュ」https://www.bishu-tourism.jp/tour10.html

    ツアーは要予約で、仙台駅東口から17:15に出発予定。写真はイメージです

    仙台の冬をあたたかく彩るSENDAI光のページェント。ほかにも、勾当台公園市民広場でスケートが楽しめる「スターライトリンク」や、高さ30mのヒマラヤスギを電飾した国内最大級の「シンボルツリー」など、見どころが盛りだくさん。令和元年の年の瀬を、ロマンチックな光のなかで過ごしてみませんか?

    この記事を読んでくれた方には、「仙臺 くろく 定禅寺」の記事もおすすめです。

    2019年12月時点での情報です。

    SENDAI光のページェント
    所在地:宮城県仙台市青葉区定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)
    電話:022-261-6515(SENDAI光のページェント実行委員会)
    営業時間:2019年12月6日(金)~12月31日(火)、17:30~22:00(金・土曜と22・24日は~23:00、31日は~24:00)
    HP:こちらをクリック

    人気記事

    おすすめ記事

    カテゴリー